ヤッコマリカルドを支えるタイ工場と環境

ヤッコマリカルドを支える工場と環境

ヤッコマリカルドの商品は70%近くがタイの自社工場で作られていますが、タイにはメインの工場とサブとしてブリラムという東北部にある街にもう一つの工場があります。
規模は総勢60人程度ですが、リピート、量産型を担っている工場です。
ブリラム工場の様子

 もとは...首都バンコク近くにあるメイン工場の立ち上げにいたワーカー達。ほとんどのワーカーはこのブリラムという街の出身で、
若い時から工場での縫製に携わってもらっていた人々が故郷へ帰り、仕事を続けたいという意思から工場をたてることになったのです。

 現在では立ち上げ時にいた人たちは結婚をし、子供が出来、子供たちも大きくなりましたが、いまだにスーパーバイザーやチームリーダーとしてこのブリラム工場で働いています。

ヤッコマリカルドの商品を作る人々は女性比率が高く、縫製に携わる人々は女性ばかり。こういったそれぞれの生活を考えて作られています。

ノンタブリ県にあるメイン工場には託児所ももうけられていて、ワーカー達が気兼ねなく仕事が出来る環境を完備しています。
ヤッコマリカルドタイ生産工場の託児所
託児所で預かっている子供達のお昼寝
ヤッコマリカルドの母体であるワイエムファッション研究所のメッセージに
"男性、女性、若者、老人、人種など、
その全ての枠を超えて人間の美しさと楽しさを想像し、
提案していきたい”
 とあります。個人の生活環境などは同じ国であっても違います。他国に至っては多様になるそれぞれの生活にあったことを出来る限りするということが大事だと思っています。

ヤッコマリカルドの服は色々な国の人々の手を通って店頭に並びます。
それぞれの立場や環境でも仕事ができるよう取り組み作られたシステムの上に生産されているのです。
 

コメント

人気の投稿