ヤッコマリカルドとインドプロジェクトスタート

ヤッコマリカルド、インドプロジェクト発動

インドの魅力にひかれたヤッコマリカルド

ヤッコマリカルドといえば、ピンタックですが、ピンタックのこだわりは素材からきているのです。それがヤッコマリカルド。
タイの自社工場とは別に他の国でもヤッコマリカルドのものは作られています。その中でも長い年月をかけて取り組んできているのがインドの工場。

ヤッコマリカルドとインドの関係は20年以上続いています。
始まりはヤッコマリカルドの創立者が日本で出会ったトラバンダム出身の名古屋弁日本語を話すインド人。

今ヤッコマリカルドとインド協力工場との共同プロジェクトがはじまりました。
日本から社員を派遣し、工場の質の向上、新しい可能性を求めて動き始めたのです。
ヤッコマリカルドの協力工場は南部のチェナイという都市にあります。


総勢30人弱の工場で、男の人もソーイングワーカーとして働いています。

プロジェクトの一環として工場の内容の把握を始め、掃除の仕方なども熱心に取り組んでいるのです。


このように自分自身で整理整頓をすることから良いものが作れるというのが、ヤッコマリカルドのポリシーです。


いらないものを片付け、使い易いようにアレンジをする。効率をあげるまず第一歩。


縫製の様子


こういったことから一緒に取り組んでいくことが大事であり、これがヤッコマリカルドのスタンスです。私たちはフェアートレード、公正取引と訳しますが、ヤッコマリカルドに関わってくる他の国の人々を理解し、公平に公正に真っ正面から取り組んでいくことを 意味します。自分たちの立場を考え、相手を理解し、お互いの環境の改善に一緒に取り組んでいく姿勢なのです。
インドは国土が広い分素材のがたくさんある宝の国です。インドの生産の可能性は素材がある限り無限です。このプロジェクトは無限にある可能性の中からヤッコマリカルドにあうスタイルを見つける為にスタートしたのです。

これからも続報お届けします。
ご期待ください。
よろしくお願いします。

コメント

人気の投稿