タイ縫製工場のナーサリー

 ヤッコマリカルドの縫製工場内ナーサリー


タイの縫製工場は気兼ねなく仕事ができるようナーサリーがあります。
250人からの女性なくしてヤッコマリカルドの商品はできません。
彼女たちが子供の心配がなく仕事ができるように作られたのが、8年前に作られた保育所は
ワーカー達が出産後戻れるよう二人の保育士が常駐し、20人ぐらいのこどもたちを見ています。この前は工場が改装され新しくオープンし、ナーセリーも場所が変わったので、
お披露目も兼ねて子供達が踊りを披露してくれました。
練習をたくさんしたということです。
2歳ぐらいからの子供達

みんなで練習した成果を発表


タイの踊りも披露してくれました。

学校へ通うようになった子供達も学校帰りにはこのナーサリーに立ち寄り、母親の仕事が終わるのを小さな子供達の世話をしながら待つのが日課になっているとのこと。

子供達の世界がヤッコマリカルドの工場内でも出来上がり、年1回行われるニューイヤーパーティーでも踊りをナーサリーの子供達が全員の前で披露する時間も設けられていて既にヤッコマリカルドの一員です。
2016年のニューイヤーパーティーでの子供達
服はライフスタイルの一つであり、服を作ることも人のライフスタイルの一環。私たちはいつもヤッコマリカルドの関わる色々な国の人々のことも大事にし、絆をしっかりとつくり、より良い環境で仕事をしてもらうことを常に心がけています。



コメント

人気の投稿